風俗に恋をした男の話。

僕は風俗嬢ではなく、風俗というものに恋をしています。毎日でも使わないと、ゾワゾワしてしまってダメなんですよね。もちろんそんなお金ないので、最初は毎日使っていたのですが、今では週一となっています。それでも風俗はやっぱり最高なんですよね。自分の欲求に忠実にいられる空間ですから。人間の社会にいると、なかなか自分の欲求をモロに表出す人はいないですよね。それって結局は我慢していることになるのです。まぁ我慢しないと、そこらへんで襲われてしまう女性が大量に出てくると思いますけどね(笑)。結局のところ、風俗があるからこそ、欲求を満足させられている人も多いのではないでしょうか。店がどんどん少なくなってきていると言いますが、もし店が減ってしまったら、男性は欲求を満たせなくなって結果的に・・・。ということもありそうです。やはり女遊びは最高です。僕はこの恋を一生していくんだろうなぁと思います。できることなら立たなくなってからも使いたいですね。

ニートですが風俗使っても良いでしょうか?

僕は今までにないってくらいのニートです。昼間はずっと眠っているし、夜中になるとパソコンで好きなアニメを見たり、動画を見たりしています。そんな生活が始まったのは、半年前のことです。僕はそれまでずっとキビキビ働いていたのですが、会社から解雇通知されたのです。規則上まったく問題がなかったと思うのですが、僕の就業態度が良くないって難癖を付けられて、そのまま退職しました。頑張ってきたのに、全然評価されないってことでやる気をなくし、今はニートをしているのです。ただ、一生懸命働いたこともあり、貯金は相当な額が溜まっています。そこで、先日は自分へのご褒美ってことで風俗を使ってきました。実に初めてのことです。僕みたいなミジンコみたいな人間が、女の子と遊ぶなんて考えもしなかったです。結局、その風俗嬢と楽しい時間を過ごして、今は人生を謳歌しているって感じです。もうやる気が出ないので、このまま風俗で遊びながらダラダラ生きて行こうかな。